パニック障害克服体験者、大野良実(よしみ)のカウンセリングルーム。認知行動療法、催眠療法、NLPを使った恐怖症、トラウマの対処や、自律神経を整えるリラクゼーションできるヒプノセラピーメニューなど、パニック障害を治すためのカウンセリングをしています。体験談では、初期症状で現れた洞性頻脈、過呼吸から治るまでの経緯を綴っています。

ご感想

パニック障害専門カウンセリングのご感想

30代 女性 Uさん(うつ、パニック障害)

気づく事もたくさん。ドライブへも行けた。

「土日は少しの時間ですがドライブへ行けました。
電話でカウンセリングをしていただけるのは、病院で待つことが苦手なアタシにはありがたいんです。
決まった時間に電話をかけなければならない…と思うとちょっとドキドキザワザワする時がありますが、話しをしていると落ち着いてきます。
そして気づく事、そっかぁと思う事がたくさんあります。カウンセリングの後は笑顔も増えているように感じます(^^)
大野さんから最初にいただいたスケジュールが「治す!!」って気持ちを倍増してくれます。
毎週メールしていただくカウンセリング後の資料も再確認に役立ってます。
カウンセリング内容とは関係ありませんが最初に電話で聞いた資料の説明をもう少し詳しく、どんな資料をメールしてくださるか説明していただけたらよかったなぁと思いました。」

20代 女性 Kさん (パニック障害・うつ)

意欲も出た。新幹線にも乗れるようになった。

「あたしが大野さんと出会ってから、たくさん変わったことがあります。
まず、誰かに定期的に話を聞いてもらえるということがいかに大切なのかがよくわかりました。
あたしには病気の話を進んで詳しく聞いてくる友達はいませんでしたし(気をつかって聞いてこない)、家族だっていちいちあたしの病気の話は深く突っ込んではきませんでした。
なのであたしは、大野さんに出会うまでの1年半、自分と薬とで病気と戦ってきました。
正直、何度も死にたいと思っていました。
それは自分が孤独で、自分は誰にも必要とされてなくて、発作はしんどいし、生きてても良いことないと思っていたからです。
しかし、大野さんと出会って、たくさん話を聞いてもらい、あたしの気が済むまで話を聞いてもらえるという初めての体験をしました。
大野さんと話をする前とした後で何が違うって、意欲が違うんです!!
散歩に行こうかな?
美容院行ってみようかな?
○○してみようかな?
と思い立ち、それを行動にうっすことができたんです。
一番びっくりしたのは、病気発症以来一度も行けなかった美容院に行けたことです。
しかも4時間半発作もなく行ってこれたのです。
これには驚いてしまいました。
『意欲』
この病気と戦うのにはこれが一番大切だと思います。
あたしはその意欲の部分がかけていました。
そしてその意欲の部分を大野さんは引き出してくれました。
大野さんはあくまであたしのペースで進めてくれますし、かといって放任するのではなく、適度な刺激をくれました。
また大野さんはあたしに夢や目標を思い出させてくれました。
あたしにも、病気がなくなったらなりたいもの、やりたい職業はあります。
しかし、それを忘れてしまっていたんです、日々生きるのに必死で忘れてしまっていたんです。
でも、大野さんはそれに対し、言葉をくれ、具体的な案まで出して下さいました。
あたしはそのお陰で、夢や目標を思いだし、希望を持つことができました。
大野さんと出会うまでは、正直カウンセリングなんて…
というマイナスなイメージがあったのですが、今では、大野さんと出会えてホントに良かったと思っています。
あたしの病気はまだなおっていません。しかし、なおると信じ続けられているのは、大野さんに出会えたからです。
そして、一か月後、信じて頂き全力を注ぎました。新幹線にも乗れるようになりました。
今、名古屋にいます。
一人で電車と新幹線乗り継いで、3時間かけて来られました。
再来週には帰る予定です。」

30代 女性 Eさん

より主体的になれた。考え方次第で…

「 大野さんと何回かお話しして、いつも、もっとお話ししたい、と思ってしまいます。
お話して、私って自分で思ってたよりストレスをためてないんだなぁと、発見できたし、考え方次第で、ストレスにならないんだなぁと、気付かされました。
また、実際に、パニック障害を克服した方の、生の声を聞いたのも初めてだったので、パニックは治せるんだ!って思えて、光が見えた気がします。
何より変わったのは、行動力と、治そう!という気持ちです。
以前は、なんでこんな病気なんかになったの?って、落ち込んでましたが、今は、違います。
パニックを治そう!って思って、自分で行動してます。
ここまでこれたのは、大野さんとの出会いもあったからだと思います。
いつも色んな話を聞いてくださって、ありがとうございます。」

20代 女性 Mさん

自分を認めてあげることができていった

「大野さんに出会う前の私は、体の体調も心の体調も悪く、毎日強い安定剤を飲み布団の中でうずくまる日でした。
カウンセリングを受けてから、自分を愛する事の大切さ、認めてあげる事の大切さに気づきました。
何より『愛なんてない』と思っていた私に、目標を持つ嬉しさを学ばせて下さいました。これからも、夢・目標に近づくよう努力してまいります。本当にいつも感謝の気持ちでいっぱいです。」

40代 女性 Iさん

前向きに考えられるようになった

「 いつからパニック障害やうつ病になったか、今までの人生を振り返ってみました。
なんと、19歳で、当時お付き合いしていた彼氏から2年間DVを受けて、パニック障害になっていた事に気付きました。そして、母親は私を守るどころか、逆に私は家に入れてもらえない、という虐待も受けており、今でも母親に対しては不信感を持っています。
その時にカウンセリングを受けていれば良かったものの、看護学生として実習・勉強と忙しい日々を送り、心のケアは放置。
助産師として働き、多忙と人間関係でストレスがたまりでうつ病になりました。特に仕事上で注意を受けると、DVを受けた時のフラッシュバックが甦り、思考が停止するんです。
今更ながら、以上の内容、ずっと心に蓋をしていた事に気付きました。大野様のカウンセリングを受けた事で、当初は苦しい過去を思い出し涙しました。
でも、それじゃダメなんですね。まずは、自分を卑下する気持ちを持たず、可愛がる事から始めました。
そしたら、また前向きに考えるようになりました。今回は、仕事復帰する上で、心を整理する良い機会となりました。
今はカウンセリングの途中ですが、ゆっくり、長いスタンスで、まだまだ病んでいる心の傷を、徐々に治していきたいと思います。」

40代 女性 Aさん

大きな一歩が踏み出せた。治るんです…という言葉…

「大野さんのことを知るきっかけになったのはブログでした。
大野さんのブログを読ませていただいていくうちに当時、カウンセリングを受けていた心療内科、そして医師に対しての違和感が強くなり、『このままでは私は治らない』と思い、大野さんにコンタクトをとりました。
やはりお会いしたこともなくブログのみでしか知らない方にコンタクトを取るのには正直怖かったです。
でもここで踏み出さなければ何も変わらないと思いメールを送りました。
はじめはメールのやり取りでそのあとはお試しでの電話カウンセリングでした。
お試しカウンセリングの感想は、『わからない』というのが正直なところです。
やはりお会いしたこともない方に最初から話せませんでした。
ただ、同じ病になりそれを克服して今があるという事が私にはとてもすばらしいことに思えそしてうらやましくも思えました。
私もそうなりたい!と。。。
そして1番印象に残っているのが大野さんがおっしゃられた
『治しましょう。治るんです。一緒に治していきましょう!』という心強い言葉。。。
今までどこの心療内科でも言われたことのない言葉でした。
そして定期的にカウンセリングを受けています。
今はまだまだですが、治したいと思っています。前は治すという発想さえなかった私なので大きな1歩が踏み出せたと思います。」

30代 女性 Sさん

最近は薬を飲まなくても大丈夫な日が増えました

「大野さんとここでお会いできたことで、理解してもらえる場所ができました。
同じ苦しみ、辛さ、怖さ、絶望、悲しみ、そして喜びは感じた人にしかわかってもらえないから、本当に小さなことでも聞いてもらえて共感してもらえたということは、光の見えない闇の中にいた私にとって、たった一つの救いでした。
大野さんのブログを毎日読むことで、ちゃんといつも応援してもらえてる大丈夫って思えましたし、力になりましたし、励みになりました。今でもそれは変わりません。
最近は薬を飲まなくても大丈夫な日が増えました。
きっとこうやって、少しずつ以前の自分を取り戻していくのだと思います。
アメブロを始めて、本当にたくさんの方がパニック障害で苦しんでいることがわかりました。
私も、一人でも一日でも早くここから救われることを願っています。
大野さんの活動をこれからも応援し続けます
頑張ってください。そして、いつも有り難うございます。」

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6804-6539 9:00-21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © パニック障害専門カウンセリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.